ニシハラマンの生活音楽と写真が好きです。そしてタマにはお洒落な洋服とかも欲しいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ジョジョの奇妙な冒険 00:00
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ッ!


ジョジョの奇妙な冒険Part5を読んでます。
リアルタイムで読んでたのは、Part3の途中〜Part4途中。
んで、単行本を揃えてPart1〜Part4ラストまでキチッと読み直して、全部売却したのが多分10代のラスト。
夜間ガッコ行ってるトキ、周りにジョジョ軍団 (スタンドの名前とか台詞とか大声で叫びあってた凄い軍団)
みたいなのあって、Part5(当時連載中)の話題してたのをチラホラ盗み聞きしてたのがハタチくらい。多分、、

それから全然ノータッチで、何故かつい半年前位に再び火が付いて、
単行本漁りしてPart1〜Part4ラスト、で、5を飛ばしてPart6ラストまで読破してSBRの途中まで読んでやっと現在Part5。

改めて読み返して全編名作だと思うけど、Part5メチャ好き。
セックスピストルズとかクラッシュとかバンバン出てくるし、
キングクリムゾンVSメタリカとか凄ぇアガルし。名言多いし、、エモいし、ロック!!


『覚悟とは、犠牲の心ではないッ!覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!!』
| Book | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ニシハラタク   シ -
08/26/2009 00:00
「GUNDAM 30th ANNIVERSARY OFFICIAL BOOK」


なんとなんと、お土産で頂いてしまいました、、、メチャウレシイ。

結局自分は観に行けそうにナイです、、、
| Book | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ニシハラタク   シ -
11/15/2008 00:00
人殺しを育てるのは、簡単だ。


シチリアの冷獣・ガルシアを襲う、終わりなき復讐の連鎖! 
最強の刺客は、笑いも涙も忘れて、人を殺すためだけに育てられた青年だった。

________________________________________


「悪の華」の続編「聖殺人者」読みました。
前作の、まるで「24」をオモワセルような大どんでん返しは無く、いたってシンプルな内容でした。
でも面白かった。今作も、悪が華麗なる花を咲かせます。そして皆どんどん死にます。撃て、撃て、撃て!

________________________________________


今日で30歳を迎えてしまいました。
ウチの奥さんが、お祝いに焼肉をご馳走してくれるそうです。わーいわーい。


キウイロール機↓兇肇掘璽漾璽襪DVD予約しました。
オシャレな冬用ベストが欲しいです。

| Book | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ニシハラタク   シ -
FILE NO.04 00:00
死ぬために、生きのびろ。


ニシハラマンお気に入りのアイテムを不定期に連載。其の四。

FILE NO.04 悪の華 / 新堂冬樹
PRICE:¥1785
material:book

シチリアマフィアのドンの息子ガルシアは、仲間の裏切りにより家族を皆殺しにされてしまう。
祖母の生まれ育った国、日本へ―。その心には、燃えるような復讐への思いが滾っていた。
日本の裏社会で類い希な戦闘能力を買われたガルシアは、山王寺組若頭・不破の暗殺を請け負う。
が、不破もまた非道極まりない殺人マシーンだった…。

________________________________________


実は僕、新堂冬樹作品読んだの初めてです。
先日、古本屋で散々迷った末、最終的にコレを手に取りました。
単にマフィアのドンパチ物が好きだっていうのもあるのですが、帯に書かれた内容↑に惹かれました。
とにかく好きなんですこういうの。。。。

450Pくらいあるんだけど、クライマックスシーンに突入してゆくのが随分と遅めなので途中、
「アレレ?ちゃんと最後までゆくのかな??」なんて思ってしまったりもしたんですが、大丈夫。
ちゃんと「最期」まで辿り着きました。一応。。
脳漿や眼球が容赦無く飛散するエゲツナイ描写もふんだんですが、とても面白い作品でした。
続編で 「聖殺人者」というのもあるみたいなので近々読んでみたいと思っています。

| Book | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ニシハラタク   シ -
| 1/1 |